スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガナイザーになろうと思ったのは…(変化は自ら起こすもの)

こんばんは。
いつも心にちょこっとのゆとりを。
鷲見です。

さて。
どうやって次女は変化を遂げたのか。

至って右脳なイメージ先行、妄想満載娘に聞いた話、
ワークを見て順番にまとめてみました。
c70f9548.jpg


(変化が起きる前編)
(変化は突然に) はこちら。
・夏休み時間管理術講座で、
 「したいこと」はテニス
 「しなければならないこと」に宿題・人権作文・課題・ポスターと書いた。

・大きな石の話がとても印象に残っていた(優先順位の高いものからやろう!と言う話)
けど、実際、重要度の高い課題はやる気があまり起きず、でも期日は守ろうと
何時もよりは早めにやっみた。
(全て出来たのは31日)

いつも期日に提出できない課題が提出でき、課題テストもいつもより良かったそうです。
(母記憶なし)

先生にも「やればできる!いいぞ!」と言われてちょっと自信がついた。

その後、勉強は全然やらなかったのを、悪い評価を得ない方法を
長女に聞き、必要最低限だけ勉強しているそうです。(なんだとー!)

そして、ワークのプリントを眺めながら、
自分の「大きな石」は「テニスだ!」どうやったら秋の大会で好成績を残せるか、
そこを考えに考えたそうです。

最終的に行きついたのは。
『勝つために』
◎どのコーチに教えてもらうか

この一点。


その頃、H中ソフトテニス部にはコーチが2人校外からおいでになっていました。
お一人は若い、テニスの楽しさを教えて下さるコーチ。
ビシビシと上からああしろ、こうしろと言わない優しい方です。

もう一人は62歳と高齢ながら、ソフトテニスコーチ歴の長い、
勝つためのテニスを教えて下さる、とても厳しいコーチです。
しかも、後者のコーチは男子のコーチでした。

次女はいじめにあって以来、とても気が小さい子供になっていました。
次女を知っている人は「うそー!」と言いますが、本人そう見せていないだけです。
人にお願いをするなんて、とてもとても。
でも、次女は強くなりたい一心で「上手になりたいです」と言うようなことを
コーチに言ったそうです。

コーチは大喜びで(H中では、男子の強くなりたいお子さん以外に嫌われているのを
しっておいでになるので)次女の言う事を聞いてくださったそう。

それから、ダメだし・ダメだし・ダメだし。
それを修正し、できなかったことをできる努力をし続けました。
良いぞ・良くなった・それで行け、と言われたのは、試合の当日。

怖いコーチが良いぞと言って下さったのを自信にし、

◎自分のミスはどうしてなったのか、それを次どうするのか考えるようにした。
◎修正するために、今までより動く事に意識を向けていた。
◎1試合でも長く試合をするために、目の前の試合をポイントをゲームを取ることだけを考えた。
そう試合に臨みました。


結果です。
平成23年中学生ソフトテニスシングルス秋季大会
選手権県大会出場

平成23年中学生ソフトテニスダブルス秋季
関・美濃地区大会選手権3位

次女が行ったのは
1.自分のなりたい姿を思い浮かべ
2.なりたい姿と現実のギャップは何か考え
3.ギャップを埋めるにはどう行動するか決め
4.出来うる行動を、期日までにし続けた
んですね。


人間は、今までと違うことをやろうとすると、脳が抵抗するそうです。

次女はひたすら「勝ちたい」一心だったそうですが、
話を聞いて思うに、1~4の事が次女が思った以上にできたことと、
課題のことで学校で褒められたこと、
コーチにダメだしされながらも、顧問の先生からは褒めてもらっていた。
褒められることで気持ちが切れずに、そのまんまの状態で試合当日まで行ったから
じゃないだろうかと思われます。

その経過を全く知らなかった私は、変わった次女に驚愕したのです。
そして「オーガナイズ、すごーい」とも。

現在の次女は、テニス部の副部長として、元気に練習しています。
文句を言う生意気な下級生も居ますが、ちゃんと言う事を聞いてくれるそうです。
学校生活も2年生の2学期から、先生から褒めてもらうことが増えたそうで、
私も、三者懇談でも先生から「いい話」を聞かせて頂くことも増えました。

次女は最後の試合、夏季大会団体と個人戦ダブルスを1戦でも多く、
勝ち進むことを目標に掲げて練習しています。


後を振り返って「あぁしたら良かったなぁ」と思うことほど残念なことはありません。
もう、過去は変わりませんから。
それをしないために、次女にはこれからも「なりたい自分へ向かっての努力」を続けて欲しいですね。

これからの次女を楽しみに、見守りたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鷲見光恵

Author:鷲見光恵
岐阜市東金宝町1丁目にて岐阜県で初めてのコワーキングスペース「Beans coworking space」を始めた鷲見です。

仕事をする人や、繋がりをもちたい人に、「おもしろいな」「私もやってみたいな」と思って頂けるような空間を作って行くぞ!と張り切っています。

高校生の母として、ワーキングマザーとして、「仕事ややりたいことをして生き生きと輝きたいお母さん&女性」に何かお手伝いをしたい…と、時間管理のノウハウを生かして講座や時間管理のお手伝いも行っています。

ここでは、コワーキングについてや、beansでの日常、入居の皆さんの感想、イベント情報、時間が無い人のための時間管理の方法などをつらつら書いて行く予定です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。